合コンで盛り上がる話題・会話ネタ。と抑えておくべきNGネタ。男性向け!これだけメモっておけば大丈夫!

合コンで会話に困ったという経験を持っている貴方。

 

合コンで盛り上がる話題・会話ネタをあらかじめ抑えておけば、ピンチの時に、さっとネタを投入することが出来ます。備えあれば憂いなしです。

 

本記事では、大学生から社会人まで網羅した

 

  • 合コンで盛り上がる話題・会話ネタ
  • 抑えておくべきNGネタ

 

について解説しています。

 

合コンで盛り上がる話題・会話ネタ

合コン序盤にするべき話題・会話ネタ

自己紹介

全員揃ったら…まずは自己紹介から。ここまではどんな合コンでも同じなのではないでしょうか?

 

ここで知っておきたいこと…

 

みんなの前で自己紹介するということには刺激がある。

 

ドキドキしたり、ソワソワしたり…そういった体験は、日常生活では出来ないことです。ですから、自己紹介そのものがアクティビティとも言えます。

 

女性が自己紹介している時、女性は非日常を味わい楽しめていると判断して良いです。

 

ですから、合コンの入りとして、女性に楽しく自己紹介してもらえたら、序盤戦は好スタートをきることができたといってよいです。

 

内容

名前、年齢、所属(大学生・仕事)、住んでいるところ、最寄り駅、趣味など。
※年齢は状況に応じて無い場合が良いこともあり。

 

名前はもちろん、気になった異性の情報はできる限り記憶しておくのがベスト。

 

裏技としては、スマホアプリで録音し、トイレの個室で確認するのも手。ただし、これを行っていることがバレるとドン引きされますので、絶対にばれないように行う必要があります。

 

自己紹介をきっちり覚えておけば、その後の話題・会話にも困りにくくなります。

 

また、名前や、自己紹介で言っていたことをさらっと取り上げれば、印象をあげることができます。ただし、さらっとでないと気持ち悪がられることもあるので要注意です。

 

自分が自己紹介する時のポイント

長くなりすぎないように。適切な長さで。長すぎるよりは短すぎる方が良いです。

 

面白ネタなどを入れて、爽やかに笑いを取ることが出来ればベスト。趣味など何かしらで短くてもいいからインパクトを残せれば良い。

 

趣味・好きなことを聞く

一通り、自己紹介からの会話広げが一段落したら、次は、趣味・好きなことを話題にしてみると良いです。

 

自己紹介では、緊張していてキチンと趣味について話すことが出来ていなかった人がいると思います。そういう人に話を振ってみて、会話を盛り上げるのも手です。

 

趣味・好きなことを話ししていく中、会話を拡張させ盛り上がることが出来れば楽しいでしょう。

 

具体的な会話の広がり方(例)

男性:「休日はどんな風にして過ごしているんですか?」
女性:「映画見に行くことが多いかなぁ…。」
男性:「そうなんだぁ。最近行ってないなぁ…どんな映画が最近面白いの?」
女性:「AとかBとはは凄く面白かったです…Aはね…Bはね…」←女性がテンション上がって楽しそうにしゃべる。
男性:「久々に僕も映画館行ってみようかな…」
・・・
・・・
男性:「好きなスポーツとかあったりしますか?」
女性:「野球はよく観戦に行きます。」
男性:「僕、野球部だったし野球凄い好きなんですよ。どこのファンなんですか?」
女性:「阪神ファンです。C選手が大好きなんですよ。」
・・・
・・・
など。相手に質問し、会話が盛り上がる何かを探します。見つかるまで質問し続けてでもOKです。しゃべっている分には、相手は楽しんでいるはずですので。

 

共通項が見つかったら、自然と会話は盛り上がります。

 

やってた部活を聞く

過去の部活歴は、部活をやってた人間からすれば、楽しく会話できる項目。ここで共通項が見つかればそのあとの会話は更に盛り上がります。

 

好きな歌手・アーティストを聞く

好きな歌手・アーティストを聞かれて嫌な気持ちになる人はまずいません。この質問に答えることは自らの芸術的センス・パーソナリティをアピール・主張することにもつながっているからです。

 

ここで、気になる異性と趣味がドンズバで合えば、それは大きなアドバンテージ。共通の好きな歌手の話題で圧倒的に盛り上がることが出来ます。

 

また、合コン二次会・次に会う機会に、カラオケに行くことがあれば、そこでの大幅なポイントアップにつながります。

 

※聞かれて嫌な気持ちになる人はいませんが、恥ずかしくて言いたくないという人は一定数います。そういう人に無理やり回答を迫ることの無いように注意してください。

 

ハマってるゲーム・アプリを聞く

ハマっているゲームが同じならば、会話は盛り上がります。

 

また、知っていることで鼻高々なアプリがあれば、それを相手に教えてあげることで、嫌味なく貴方の印象をアップさせることが出来ます。

 

合コン中盤にするべき話題・会話ネタ

序盤の比較的ライトな会話で打ち解けてきたら、次は、やや腰を据えた落ち着いた話題へとスムーズに移行していきましょう。

 

いつまでも当たり障り具合の軽い話題を続けていると、相手は飽きてしまいます。中盤戦は、より一層、

 

男女が集まる合コンならではの楽しみを味わってもらうようにしましょう。

 

そのポイントが、異性を意識しあう話題・会話です。

 

第一印象&似ている芸能人について言い合う

異性を意識しあう話題・会話と言っても、順序があります。まずはジャブ程度に「第一印象&似ている芸能人について言い合う」を行ってみましょう。

 

女性に対しては、言われて気持ちのいい芸能人を上手に探して言ってあげて、承認欲求を満たしてあげ「今日、合コンに来てよかった」と気分良くなってもらいましょう。

 

自分が評価されるときは、女性陣(特に意中の女性)から現地点でどのように映っているかを冷静に観察するようにしましょう。

 

女性陣から評価のニュアンスに応じて、

  • エンジン全開で攻め続けるか
  • 一旦攻めるのを軽めにするか
  • 脈なしだから今日は友人のサポートに徹して次回以降への借りを作っておくか

など、その後の合理的な対応へのヒントにしましょう。

 

好きなタイプ・芸能人について言い合う

女性からの情報:相手のことを知ることが出来る、脈ありかなしか判別できる、参加している同性と被っていないかチェックできるなどのメリットがあります。また、自分の好みを聞かれるのは自己顕示欲、承認欲求が満たされて気持ちが良いので、合コンを楽しんでもらえてることに直結しています。

 

自分たち(男)がいう場合:気になる女性がいたら、その人に似た芸能人を言うことでその女性にやんわりとアピールすることが出来ます。ただし、この方法は、その女性から嫌われてしまっている場合逆効果となります。

 

恋愛話(コイバナ)で盛り上がる

過去にいたとんでもない男性など、女性が楽しくコイバナをする環境を提供してあげましょう。

 

コイバナは多くの女性が楽しんでくれます。男性陣は、真剣に話に耳を傾けていることをアピールしつつ、女性が気持ちよくなる相槌や返しをしてあげるように心がけましょう。

 

また、コイバナをすることで、ただのワイワイした場から、男女を意識しあう場へと状況をやんわりと変化させることが出来ます。

 

合コン後半にするべき話題・会話ネタ

アピール系・未来系の話

お互い慣れてきて、ちょっとしたことなら笑いに変えられるような雰囲気になってきたら、「自分の夢、目標、行ってみたいところ、やってみたいこと」など未来系の話をするのもありです。

 

これで意気投合することが出来れば、更に気になる相手との距離を縮めることが出来ます。

 

ただし、アピール系・未来系の話は自慢っぽく聞こえたり、嫌味っぽく聞こえたりすることもありますので、さらっと、純粋っぽく努める必要があります。

 

フェチ・恋愛での弱点など

下ネタに話題をもっていく前段階として使えるのが、フェチ・恋愛での弱点についての話題・会話ネタ。

 

質問される側は多少なりとも自分自身に興味があって質問されているととらえることがほとんど(興味の無い相手にこんなこと聞いてもつまらないだろうから…という思い)ですので、相手の承認欲求をも満たすことが出来ます。

 

ただし、下ネタへと持っていく流れに対して過剰に反応し、拒絶反応を示しているような傾向が見受けられたら、一旦退却する必要があるかもしれません。

 

下ネタ

スムーズに前段階までをクリアしたならば…下ネタに移行するにも一つの手。

 

相手にもより、ハイリスクハイリターンな手段ではありますが、ハマれば物凄く盛り上がりますし、男女のハードルを取り払い、距離を縮めることに貢献してくれます。ただのワイワイするだけの楽しいだけの会ではから脱却するのに使えます。

 

とはいえハイリスクハイリターンな手段なので状況に応じて、女性陣の顔色を窺いつつ使わないとマイナスに作用する場合もありますので注意が必要です。

 

ゲームをする

本音を暴露できるような、各々の承認欲求がくすぐられるゲームは盛り上がる。ただし、核心を突きすぎる内容はNG。すごく絞られてきたけど、肝心なところがわからない…みたいな質問が良い。

 

これらを満たすゲームとしては10円玉ゲームがおすすめ。

  • 10円玉ゲームへの参加者は、10円玉を1枚用意します。
  • 質問をされます。その質問に対し、10円玉の裏表で応えます。イエスなら表、ノーなら裏といった具合に。
  • それぞれの裏表がわからないようにテーブルの中央にハンカチをかぶせた状態で集め、その後、オープンします。

この説明だけではイマイチぴんと来ないかもしれません。しかし、この10円玉ゲームは半端なく面白く、テンションが上がり、また、その後のアプローチの助けとなってくれます。

 

参加者を女性限定(仮に3名だとします)に絞り「この中に猛アタックされたら付き合ってもいい人がいるか?」と質問し、イエスが1枚あったら…

 

「その付き合ってもいい男性はズバリ俺だ。」と続けて質問し、イエスが1枚あったら…

 

うぉ!!!??マジか!!!!

 

と最高にテンションが上がります。わかりそうでわからないのがミソなんですよね。ゲームの結果と表情、言動などから真実を推測するのが最高に面白いです。

 

フィーリングの合うメンバーならば、最高に楽しくて、何時間でも続けることが出来ちゃいます。

 

※嘘をついている場合もあったりして、一筋縄ではいかないことも事前にわかっておいてください。

 

合コンでしちゃいけない話題・会話・態度

前項までの合コンにおける話題・会話ネタを頭に入れておけば、場が盛り上がらない時、会話が途切れてつまらなさそうな雰囲気になりそうなときに、盛り上がるきっかけを得ることができます。

 

ただし、話題・会話ネタだけを頭に入れておいたとしても肝心の貴方自身が女性自身から嫌われる対応をしてしまっては、望むような結果を得ることはできません。

 

続いては、合コンでしちゃいけない話題・会話・態度についてみてきましょう。

 

あからさまな自慢・アピール

自分をアピール・売り込むというのは悪いことではありません。しかし、その方法を間違えたり、その塩梅を間違えると逆効果となります。

 

(初顔合わせの)合コンにおいて、最も自分をアピールできる要素は、「周りに気が使える人か?」「周囲を楽しませることが出来る人か?」「男として器が大きそうかどうか?」です。

 

その他の要素は、2回目以降に顔を合わせた時にする…くらいの気持ちでも問題はありません。

 

NGその1:モテる系自慢

本当なのだとしてもあからさまにモテる系の自慢をしたら…「じゃあ合コン来るなよ…本当にモテてるなら合コン来ないよね…」って思われてしまいます。

 

モテるかもてないかは、相手が貴方を見て判断するものなので、わざわざモテることを自慢する必要はなく、自慢しても得は何一つありません。

 

NGその2:金持ち系自慢

金持ち系自慢も自らガツガツすると場がしらけます。家が金持ちなだけの場合、「それはお前が凄いわけじゃないだろ?」と思われてしまいます。

 

ただし、女性からすれば付き合う相手は金持ちである方がいいのは基本線。

 

言葉で自慢するのではなく、身なり・雰囲気で無言のアピールをするならまだありでしょう。ただし、組み合わせを考えない露骨すぎるブランドアピールはNGです。

 

好きだから…という理由で、バランス良く、値の張る時計、車、衣服、カバン、靴…等々。これらで爽やかに無言のアピールをするのはありですね。

 

ですが、これみよがしにテーブルに車のカギを置いておき、誰かに気が付いてもらうのを待つ…みたいな自慢したいのがバレバレな行為は自慢したい心理がバレバレなのでNGです。

 

NGその3:仕事系自慢

「俺〇〇で働いてます!」「俺、◇◇です!」といった具合に、聞かれてもいないのにドヤ顔で仕事系の自慢をするのも、周囲からゲンナリされてしまいます。

 

初顔合わせで皆にとって楽しい場であることを考えている人は、このような自分だけ気持ち良くなるようなことはしないものです。

 

そのことをわかっている女性は、こういった自慢をする男を恋愛対象から外してしまうでしょう。

 

とはいえ、女性陣からすれば、気になる項目であることもまた事実。

 

合コン終盤あたりで、「自慢ではなく、自然な流れで相手に伝える」というシチュエーションでいけるようになった際に、「事実を言っているだけ」とという体で伝えることができれば、周囲は自慢とはとりませんし、ただただ、貴方のハイステータスな仕事・職業に女性陣のポイントはアップすることでしょう。

 

忙しい系、寝てない系

俺仕事出来る、俺仕事頑張ってる、俺根性ある…と言った具合のアピールをやたらとしたがる男性がいます。

 

しかし、これってものすごく評価が分かれる項目です。

 

仕事出来ないから忙しいんじゃないの?要領悪いのではないの?
という風に捉えられることがあります。

 

また、女性には全然響かない項目だったりします。

 

で!?何!?、何かの自慢!?全然意味がわからないんだけど…
という風に捉える女性が割と多くいます。

 

ワル、武勇伝アピール

忙しい、寝てない系と同様に、なぜか男が自慢したがる項目はこれ。「俺昔はワルだったんだよね。」「俺喧嘩強かったんだよね。」といった具合の自慢。女性からすると

  • だから何?
  • え~~怖い人なんだ…(辞めておこう)
  • 付き合ったら苦労しそう

といったマイナスのイメージしか抱かれないことがほとんどです。

 

その場にいる人間をビビらせて気持ち良くなりたいならばワル・武勇伝アピールはしてもいいのかもしれませんが、合コンでモテたいと思うなら明らかに悪手です。

 

(ローカルな)悪口盛り上がり系

誰かをディスって盛り上がる系はNG。特に(初顔合わせの)合コンにおいてはお互い適度な緊張感・フォーマルさを保った状態で楽しむのが理想。

 

悪口で盛り上がるのは、原則褒められたことではないですし、性格の悪さが垣間見えてしまいます。

 

また、ローカルな内容だと女性陣はついていくことが出来ず、男性陣だけが楽しく、女性陣はただただつまらないという時間を作ってしまいます。

 

相手が付いてこれないマニアックな趣味ネタ

相手が楽しくないことを一方的にしゃべってしまうのは特に初対面の合コンにおいてはNGといえるでしょう。

 

また、マニアックな趣味を初対面でカミングアウトすると、ドン引きされてしまうことにもなります。

 

マニアックな趣味ネタが、好意的に受け入れられるシチュエーションは存在しますが、初対面の合コンにおいてはその可能性は極めて低いです。

 

合コンでの話題・会話ネタで注意すべきこと・ポイント

全ては承認欲求、自己顕示欲を満たすことが出来るかどうか?つまらないかどうかはここにかかっている。

 

合コンは知らない男女が集まり、「自分の存在」について確認することが出来る場。

 

それゆえに、ただ、顔を合わせて他愛の無いおしゃべりするだけなのに合コンは楽しいのです。

 

遊園地・スポーツ・各種アクティビティのように明らかに面白いポイントがないにも関わらず合コンは合コンならではの楽しさがあるのです。

 

合コンで話題・会話ネタを繰り出す際には常にそういった合コンの特性を理解しておくべきです。

 

合コンで話題・会話ネタについてまとめ

スマートに、相手を楽しませることを第一に。聞き上手になるというのも一つの手。また、料理を取り分けてあげたり、飲み物追加するか聞くなどさりげない気遣いを見せるのも良いです。

 

自分のアピールは終盤あたりに、そしてやはりスマートにさりげなくする必要あり。そもそも、スマートに相手を楽しませることが出来ていること自体がアピールになっています。

 

必要以上に仕事アピール、お金アピールをするとマイナスになることを肝に銘じておきましょう。それらアピールは2回目の顔合わせ以降であると決め込んで置き、アピールを一切しないというのも手です。

 

アピールしないことが悪い方に影響することはありません。むしろ余裕がある人、器の大きな人であるというアピールにつながります。

 

一言で合コンのスタンスを表現するなら、ユーモアがあるレディーファーストなイタリア人紳士をイメージすると良いでしょう。

 

そのイメージから外れないように立ち振る舞っていれば、その後の可能性は非常に高いでしょう。